1. TOP
  2. ポイント
  3. 楽天の楽天ポイントを楽天証券でポイント投資する

楽天の楽天ポイントを楽天証券でポイント投資する

楽天の楽天ポイントを運用して増やすことができます。

ただし、楽天ポイントを投資運用する方法には、2つの方法があります。

ひとつは『ポイントのまま投資をする方法(ポイント運用)』で、もうひとつが『ポイント分の投資をする方法(ポイント投資)』です。

この記事では、『ポイント分の投資をする方法(ポイント投資)』について解説していきます。

 

楽天スーパーポイントをポイント投資するやり方

楽天スーパーポイントを投資信託や国内株式 (2019年10月28日以降)の購入代金と手数料の一部、または、すべてにポイントの利用できます。

そのためには、まずは楽天証券の口座を開設しなければなりません。

楽天証券の口座をまだ開設していないのなら、お得に口座開設をするために、こちらの記事をお読みください。

 

楽天証券の口座開設キャンペーン!公式サイトよりお得なポイントサイトを公開

 

口座を開設したら、楽天ポイントが蓄積されている楽天PointClubの楽天スーパーポイント口座番号と楽天証券の口座番号を紐付けする設定をしたら、購入が可能になります。

購入画面を見ると、『ポイント利用』という項目があり、そこに保有ポイント数が表示されているはずです。

もしかしたら、保有しているポイント数より少ないポイント数になっているかもしれませんが、それは、ポイント投資を行う場合、提携サービスから交換した楽天ポイントや期間限定ポイントは運用できないので、その分が引かれたポイント数が表示されているからです。

楽天のポイント運用とどちらがいいのかという話しはありますが、楽天としてはポイント運用が初心者向け、その後、ポイント投資へという流れにしたいようです。

 

 

楽天スーパーポイントをポイント投資する場合のおすすめ銘柄

基本的には楽天証券で取り扱っている投資信託や国内株式 (2019年10月28日以降)はすべて投資可能です。

しかし、楽天証券には投資信託を保有しているだけで、その残高に応じてポイントが貯まるサービスがありますので、どうせ保有するのなら投資信託にすることをオススメしておきます。

 

楽天スーパーポイントをポイント投資する場合のおすすめ投資信託

取り扱い投資信託が2600本以上となっておりますので、どれを選ぶべきかを解説するだけで、一冊分の本ができてしまいます。

なので、詳しい説明は控えさせていただきます。

 

ちなみに、私が初心者にオススメしているのは、『ひふみプラス』という投資信託です。

 

もっと本格的に取り組もうと思っているのであれば、こちらの本を読むことをお勧めいたします。

 

元手ゼロ、毎月5万円で1億円つくる! 9マス分散式ではじめる積立投資信託

 

楽天スーパーポイントをポイント投資でNISAに投資

NISAとは、2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。

NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

なので、まずはNISAに投資しましょう。

 

楽天スーパーポイントをポイント投資で積立NISAに投資

楽天ポイントでつみたてNISAに申し込むこともできますが、毎月決めた額分のポイントが引かれ、足りなかった場合には現金で注文されます。

どのみち現金でもつみたてNISAをしようと思っている人にとっては、それでもいいかもしれませんが、せっかくのポイントなので…とお遊び的にやってみようと思っている人にとっては、ポイントの貯まり具合に応じて勝手に現金が使われるのは、楽しくないですね。

なので、NISAはおすすめですが、つみたてNISAはオススメしません。

 

楽天スーパーポイントでポイント投資した時の攻略やコツ

ポイント投資のコツは、分散です。

銘柄を分散したり、購入するタイミングを分散することによって、リスクを分散させることができます(タイミングの分散については、「ドルコスト法」で検索!)。

ポイントは毎月増え続ける訳ですし、毎月、ちょっとずつ、両方の銘柄を同じ金額分を購入するようにしましょう。

 

楽天スーパーポイントをポイント投資で銘柄を購入、売却

1ポイント1円から利用可能。

ポイント利用方法

  • ポイントコースを、楽天スーパーポイントコースに設定する必要があります。
  • ポイントの利用方法は、「すべて使う」「毎日上限 ○○ポイント」「毎月上限 ○○ポイント」の3通りから選択可能することができます。
  • 注文時には、購入金額+手数料分の現金が必要です。
  • 注文時にポイントが拘束され、受渡日にポイント利用分の現金が戻ります。

 

楽天スーパーポイントの利用可能上限

  • 500,000ポイント/1日
  • 500,000ポイント/1ヶ月
  • 利用上限は会員ランクによって異なります。

 

楽天スーパーポイントをポイント投資した時の手数料

通常取引と同額の手数料がかかります。

通常取引の手数料は、こちらでご確認ください。

 

楽天スーパーポイントをポイント投資した時の現金化(換金)

ポイント投資では、あくまでも楽天スーパーポイントを投資信託や国内株式 (2019年10月28日以降)の購入代金と手数料の一部、または、すべてに充当するというものなので、保有銘柄を売却した時点で現金になります。

 

楽天スーパーポイントをポイント投資した時のマイル化

保有銘柄を売却した時点で現金となってしまいますので、マイルに交換することはできません。

尚、楽天証券ポイントというものもあるのですが、これをJALマイルに交換することも可能ですが、35:10なので、あまりお得とは言えません。

むしろ、楽天証券ポイントを楽天スーパーポイントへの交換は1:1なので、楽天スーパーポイントに交換した上で、ANAマイルに交換すると2:1とお得です。

 

楽天スーパーポイントをポイント投資した時の税金

普通に現金で投資をした時と同様に、利益に対して所得税15%と住民税5%を足した20%(2037年までは復興所得税2.1%が所得税に上乗せされるため正確には20.315%)が徴収されることになる。

 

楽天スーパーポイントをポイント投資する時に便利なアプリ

何時でも、何処でも、投資状況を確認でき、その場で追加、引出しの注文もできる楽天証券のiSPEEDというアプリをスマホに入れておこう。

楽天PointClubアプリは、iPhone用とAndroid用と両方ありますので、安心。

 

 

期間限定ポイントをポイント投資する

楽天証券で、投資信託や国内株式 (2019年10月28日以降)の購入代金と手数料の一部、または、すべてに利用できるのは、楽天ポイントのみ。

提携サービスから交換した楽天ポイントや期間限定ポイントは運用できないので、注意しましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ポイント投資研究家が教えるポイ活と投資の勉強会『銭スタ』の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポイント投資研究家が教えるポイ活と投資の勉強会『銭スタ』の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ポイント投資研究家@山田紹介 ポイント投資研究家@山田一覧

ポイント投資研究家@山田

ポイント投資研究家@山田

ポイ活と投資の勉強会『銭スタ』を運営しているポイント投資研究家@山田です。そもそもは、リスクを限りなく減らし、日々の情報に振り回されることなく、システム的なやり取りで資産を増やす株式投資やFXの方法を研究。最近のポイ活ブームにあやかりポイ活に取り組むが、貯まったものをそのまま浪費することに違和感を感じ、日夜、ポイント投資について研究している。
著書に『株主優待銘柄で始めるローリクス・ネットトレーディング』(九天社)がある。

関連記事

  • 【2019年8月 最新版】ミライノカードの新規入会キャンペーン!公式サイトよりお得なポイントサイトを公開

  • 【2019年9月 最新版】ソラチカカードの新規入会キャンペーン!公式サイトよりお得なポイントサイトを公開

  • 【2019年9月 最新版】SBIネオモバイル証券の口座開設に最適でお得なポイントサイトはココ!公式サイトで申し込むのはもったいない

  • 【2019年10月 最新版】住信SBIネット銀行の口座開設キャンペーン!公式サイトよりお得なポイントサイトを公開

  • 【2019年9月 最新版】SBI証券の口座開設に最適でお得なポイントサイトはココ!公式サイトで申し込むのはもったいない

  • 【2019年10月 最新版】ファミマTカード(ファミマカード)の新規入会キャンペーン!公式サイトよりお得なポイントサイトを公開