住まい

住居の最適な大きさと立地を考えよう

最適な住居の広さを考える 生きている限り、生涯かかり続けるのが住宅費です。 FIREの達成を目指して収入を増やして支出を減らす基本にのっとり、ギリギリまで賃貸住宅で暮らすことに決めたら、ここからは実際に借りる住まいの選び方について考...
住宅資金

住居はギリギリまで賃貸というのが基本

「生き方」によって住居を選択する時代 いまは「生き方」で何ごとも選択できる時代です。 仕事も結婚・出産も住居もそうですが、それぞれが「自分らしい生き方」を探り、それに沿った生活スタイルを自由に選び取っています。 リモー...
NISA

ジュニアNISAで投資すべき投資信託

ジュニアNISAは積立投資 では具体的に、教育資金を増やすためにジュニアNISAではどんな投資をしていけばよいのでしょうか。 既出のとおり、ジュニアNISAで投資できる金融商品は、投資信託、国内・海外上場株式、国内・海外ETF、国内...
NISA

ジュニアNISAも始めよう

ジュニアNISAとは 「ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)」とは、子どもの将来に向けた中長期での資産形成をサポートするために導入された非課税制度。 日本に住んでいる0歳から19歳までの未成年者が利用できます。口座を開設す...
生命保険

この機会に保険を見直そう

「控除できる」の意味 教育資金を時間をかけて準備していくために、学資保険の加入とあわせて、加入している保険の見直しをしてみるのはいかがでしょうか。 保険の払い込み金額や受け取り金額には「控除」が上限まで適用されます。 ...
学資保険

学資保険に加入しよう

学資保険とは 教育資金は、国や地方行政の子育て支援制度も上手に使いながら、時間をかけて作っていくものです。 でも、そうしている間に、もしも私たち親に万が一のことがあったときには、子どものこの先の教育費はどうなってしまうのでし...
教育資金

教育資金がもらえる大学無償化、児童手当

2020年4月からの少子化対策「大学無償化制度」 日本の子育て支援策は、少子化の加速と共に年々充実してきています。 子どもが生まれてくる前には不妊治療の保険適用、妊婦検診の助成。 生まれてからは出産手当支給、乳幼児の医療費の無...
教育資金

教育資金ってどれくらいかかるの?

教育費は老後資金に次ぐ大きな出費 この記事では「教育資金」について解説していきますが、正直、幼いわが子や生まれたばかりの赤ちゃんの進路は、いまはまだわかりません。 中学受験組なのか、高校は私学に通わせるのか、大学はどこへいくのか。 ...
NISA

つみたてNISAで投資すべき投資信託

「つみたてNISA」がいい理由 金融庁が2021年3月に実施した「NISA・ジュニアNISA口座の利用状況調査」の結果から、各NISA制度の口座数は、一般NISA口座の開設が1224万口座とダントツです。 ただ、2019年12月末時...
NISA

NISAとつみたてNISAとは

「NISA」と「つみたてNISA」とは NISA(少額投資非課税制度)とは、投資で得られた利益が一定期間非課税になる制度です。 ISA(英国の個人口座)を参考にしていることから、「ISA」の先頭に「日本」の頭文字Nを付けてNISAと...
iDeCo

iDeCoで投資すべき投資信託

iDeCoで取り扱っている金融商品 ここではまず、iDeCoで扱っている金融商品について、理解を深めていきましょう。 最初に、iDeCoの仕組みをおさらいします。 自分で決めた掛け金をiDeCo専用口座に拠出 ...
iDeCo

確定拠出年金「iDeCo」とは

iDeCoとは 個人型確定拠出年金iDeCoは、自分のために年金を作る制度のこと。 「iDeCo(イデコ)」はその愛称で、individual-type(個人型)Defined(確定)Contribution(拠出)pension ...
iDeCo

早く始めるべき積立投資

初心者でも失敗しにくい積立投資「ドルコスト平均法」 長期でやればやるほどいいのが「積立投資」です。 中でも「iDeCo」と「つみたてNISA」は税制優遇を受けられるので、いますぐにでも始めてください。 「積立投資」は、...
iDeCo

将来の不安である老後資金2000万円問題

人生100年時代。男性の半数は84歳、女性の半数は90歳まで 「人生100年時代」といわれるようになりましたが、実際のところはどうなのでしょうか。 厚生省の資料「寿命中位数と平均寿命の年次推移」において、2019(令和元)年...
FIRE

FIREはやると決めたときがスタート

できるところから始めよう FIREはできるところから始めるのがコツです。 やると決めたらいますぐにスタートしましょう。 できない理由をいっているうちは何も進みません。 「資金がある程度、貯まってから」などと、つべこべいわ...
FIRE

FIREを目指す前に生活費を見直してみよう

FIREに必要な資金は人それぞれ FIREに必要な資金としてプールする総額は、おそらく人によって違います。 考え方やライフスタイルによって異なるので、それはそれでいいと思います。 例えば、「教育資金」に対する考え方は、...
FIRE

FIREを実現するためのシンプルライフのすすめ

ミニマリストになろう そもそもの考え方を抜本的に転換しなければ、支出の削減は難しいものです。 FIREを達成するために参考になるのは、モノを持たないシンプルな暮らしをする「ミニマリスト」の考え方でした。 モノが少なければ、フッ...
FIRE

日本にいるからこそFIREを始めよう

日本のインフレ率はアメリカほど高くない 話は「4%ルール」に戻りますが、日本はアメリカと比べるとインフレ率はそれほど高くはありません。 2021年度は、4月時点での推定値で、アメリカ2.26%、日本は0.14%となっています。 ...
FIRE

いま話題のFIREについて

生活のための労働はやめて自由に生きる FIREとは「経済的自立を果たし、生活のために働くのをやめて自由に生きる」という活動のことです。 Financial Independence, Retire Earlyの頭文字をとったもので、...
マイル

アメックスカードの紹介制度で大量マイル獲得!

クレカの紹介で大量マイル獲得! 実は毎月10万マイル以上貯めているマイラーは多いです。 ハワイへビジネスクラスで往復できるマイルが毎月貯まる数字です。 カード決済だと月500万円以上が必要で、ほとんど実現不可能な数字です。 ...