1. TOP
  2. キャッシュレス決済
  3. 注目のキャッシュレス決済!4つの方法

注目のキャッシュレス決済!4つの方法

今、注目のキャッシュレス決済ですが、ひと言でキャッシュレス決済と言っても、実は種類があります。

この記事では、それらキャッシュレス決済の方法を個別に紹介し、それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

 

クレジットカード決済

文字通りクレジットカードを使って決済する方法です。

使える場所の多さ、補償面の安心感、セキュリティーの信頼性ではキャッシュレス決済方法の中でNo.1です。

また、ネットで買い物をする時には唯一選択できるキャッシュレス決済方法です。

 

〇メリット

  • 使える場所が圧倒的に多い
  • セキュリティー機能が高い
  • 1度に決済できる金額が圧倒的に大きい

 

〇デメリット

  • 年会費がかかるカードもある
  • 入会審査がありハードルが高い
  • 必要以上に使いすぎる可能性がある

 

QRコード・決済アプリによる決済

カメラ機能が内蔵されている機種を使ってアプリコードで決済する方法です。

「PayPay」「LINEPay」「楽天Pay」「ゆうちょPay」などのスマホアプリを使用します。

急速に広がったキャッシュレス決済の方法です。

支払い方法は、あらかじめ登録したクレジットカードからの引き落としか、事前にチャージしておくかのいずれかになります。

 

〇メリット

  • 審査がなく誰でも使える
  • 導入が簡単
  • ポイント還元率が高い場合がある

 

〇デメリット

  • 使える場所が限られている
  • セキュリティー機能に不安がある
  • カメラ機能がないと使えない

 

電子マネー決済

SuicaやPASMOなどの交通系カード、nanacoやWAONなどの流通系カード、対応するスマホアプリなど、電子化されたお金で決済する方法です。

事前チャージが必要なプリペイド型と、クレジットカードと紐付けして利用分の後払いができるポストペイ型、銀行のキャッシュカードと紐付けして使えばすぐに引き落としが行われるデビット型があります。

通勤や通学をしている方がよく利用する方法です。

決済の際にアプリを起動する必要がないのでスピーディーに決済を行うことことができます。

 

〇メリット

  • カードリーダーにかざすだけなので支払いがスピーディー
  • プリペイド型は計画的に使える
  • 電子マネーの種類に応じたポイントが貯まる

 

〇デメリット

  • 基本的にチャージしたら払い戻しはできない
  • プリペイド型は事前にチャージしておかないと使えない
  • 対応店舗が限られる

デビットカード決済

決済した瞬間に自分の口座から利用金額が引き落とされるデビットカードを使って決済する方法です。

カード入会の審査もなく口座にある金額以上の利用はできない安心感があります。

即時決済が原則ですので、分割払いやリボ払いには対応していません。

また、VISAなどの国際ブランドのデビットカードでも、高速道路、ガソリンスタンド、飛行機の機内販売などでは利用できない場合もあります。

 

〇メリット

  • 審査がなく15歳以上であれば誰でも持てる
  • プリペイド型は計画的に使える
  • 電子マネーの種類に応じたポイントが貯まる

 

〇デメリット

  • 分割払いやリボ払いはできない
  • ポイント還元率は低くなりやすい
  • 国際ブランドのカードでも利用できない場合がある

 

\ SNSでシェアしよう! /

資産を構築して経済的自立を確立し、自由で幸せなセミリタイア生活を実現する『早期リタイア研究所』の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

資産を構築して経済的自立を確立し、自由で幸せなセミリタイア生活を実現する『早期リタイア研究所』の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

FIRE投資家@山田紹介 FIRE投資家@山田一覧

FIRE投資家@山田

FIRE投資家@山田

ポイ活と投資、自給自足などを駆使して、いかにセミリタイアをするかを研究し、実践し続けているFIRE投資家@山田です。リスクを限りなく減らし、日々の情報に振り回されることなく、システム的なやり取りで資産を増やす方法を探求している。
著書に『株主優待銘柄で始めるローリクス・ネットトレーディング』(九天社)がある。

関連記事

  • クレジットカードをオススメする5つの理由